お金を借りる2つの道

お金を借りる2つの道

昔のお金を用立てる方法としては、断然家族親戚知人友人といったいわゆる周りの人から借りる戦法が主流でした。ただ、よ〜く見極めて、穏便に貸してくれそうな人、返済が滞った際の最悪の自体を考慮してそれでも貸してくれそうな人に頭を下げて貸してもらうというのが一般的でした。ただ、お金が絡むと、どんなにン十年信頼関係があったとしても、一瞬で消えてしまう可能性もあります。お金とはそれほど人の気持ちを変えてしまう、いわば魔物のようなものです。
それに対して、平成のご時世では金貸しのプロキャッシング会社がまっとうな仕事として、快く(?)お金を貸してくれます。確かに利息という商売の要の部分をプラスαして返済しなければいけないというリスクは付きますが、それでもこれまで築き上げた人間関係は崩れる心配はありません。それどころか、周囲の他人に知られる心配もない為、日常生活にはほとんど支障がでません。
水面下では返済という変化があるものの、これならプロ以外の他人には一切迷惑をかけていませんので、借りた人の社会的信用にも全く傷は付いていません。このお金を借りるための2つの道。どちらが良いのかは一目瞭然。断然、お金は払っても人間関係は手放さないようにしましょう。